OCTA

OCTA 出版物

OCTAを利用して論文を書かれた際には、BBS (BBS -> Published 論文)にその情報の提供をお願いいたします。

  • 絞り込み

2017

論文

2016

論文

解説

国際会議プロシーディング

2015

論文

結晶性ポリマーの劣化挙動のマルチスケールモデリング

工藤 正和, 高橋 順一, 山本 敏治, 内田 真, 冨田 佳宏

材料 64.4 (2015): 311-316.

DOI: 10.2472/jsms.64.311 COGNAC

Engine : COGNAC

解説

国際会議プロシーディング

2014

論文

解説

粘着・摩擦を高分子スケールで考える-理論・シミュレーションによる解析-

森田 裕史

高分子, 63(5), 291-203, (2014)

国際会議プロシーディング

2013

論文

国際会議プロシーディング

Simulating Colloids and Self-Propelled Particles with Fully Resolved Hydrodynamics Using the Smoothed Profile Method (SPM)

R. Yamamoto, J. J. Molina and R. Tatsumi

NIC Proceeding

2012

論文

国際会議プロシーディング

2011

論文

A Molecular Dynamic Simulation of Crosslinking of Bisphenol and Triazine by United Atom Model: A Polycyanurate Model.

Taketo Ikeno, Makoto Tsubuku, Masayuki Katagiri and Tomoo Tsujimoto

Chemistry Letters 40.3 (2011): 309-311.

DOI: 10.1246/cl.2011.309

Engine : COGNAC

解説

国際会議プロシーディング

NUMERICAL SIMULATION ON THE MECHANICAL BEHAVIOR OF WATER-CONTAINED PEM.

Riku, I., K. Morizane and K. Mimura.

Advances in Heterogeneous Material Mechanics 2011: Proceedings of the Third International Conference on

Heterogeneous Material Mechanics

Engine : COGNAC

2010

論文

解説

粗視化シミュレーションによる粘着・剥離プロセスの解析

森田 裕史

高分子, 59 (12), 909-912, (2010)

国際会議プロシーディング

2009

論文

解説

インクジェット技術における微小液滴の吐出・衝突・乾燥,高分子溶液の蒸発に伴う表面構造形成過程と表面のレオロジー測定

森田 裕史

技術情報協会、2009

高分子表面・界面分析法の新展開,固体基板近傍における高分子材料のマルチスケール解析

森田 裕史

CMC出版、2009

自己組織化ハンドブック,高分子薄膜の引きはがしにおける構造形成

森田 裕史、土井正男

NTS出版、2009

2008

論文

国際会議プロシーディング

Proceedings of International symposium on Meso-scale Dynamics on Interface 2008 (MDOI-2008)

T.Aoyagi

2007

論文

解説

粗視化シミュレーションを用いた粘着・剥離の挙動解析

森田裕史, 土井正男

コンバーテック3月号, 56-62, (2007)

分子動力学法を用いた高分子材料の接着・融着への適用

森田裕史

成型加工、19 (11), 705, 2007

メソシミュレーションと接着

森田裕史、土井正男

接着ハンドブック第4版, 第I編6.2節 P246, 2007

ソフトマテリアルのための統合シミュレーションシステムOCTA

青柳岳司, 土井正男

応用物理学会誌, 76 (2), 179 (2007)

国際会議プロシーディング

2006

論文

Biased Hooking for Primitive Chain Network Simulations of Block Copolymers

Y. Masubuchi, G. Ianniruberto, F. Greco and G. Marrucci

Korea-Australia Rheol. J. 18(2), 99-102 (2006)

Engine : NAPLES

解説

高分子鎖レベルの接着・剥離挙動のシミュレーション(粘着技術の3A) 2.4.2章

森田裕史、土井正男、地畑健吉他

リアライズAT、2006

粗視化分子動力学法を用いた薄膜のガラス転移温度と表面物性の解析

森田裕史, 土井正男

高分子加工、55 (2), 77-82, (2006)

2005

論文

解説

3次元顕微鏡像上に高分子の鎖構造をイメージングする

森田裕史

機能材料, 25(7), 5-11 (2005)

2004

論文

Concentration distribution of the end segment of the bimodal polymer blend in thin films by mean field theory.

Shigeru Yao and Tatsuya Shoji

Nihon Reoroji Gakkaishi 32.3 (2004): 117-122.

DOI: 10.1678/rheology.32.117

Engine : SUSHI

解説

分子鎖レベルから見た接着現象 Adhesion Mechanism Analyzed by Chain Structures

森田裕史, 土井正男

日本接着学会誌, 40(11), 521-523 (2004)

国際会議プロシーディング

Primitive chain network model for entangled polymer blends

Y. Masubuchi, J. I. Takimoto, M. Doi, G. Ianniruberto, F. Greco and G. Marrucci

SLOW DYNAMICS IN COMPLEX SYSTEMS: 3rd International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems. AIP Conference Proceedings, Volume 708, pp. 261-262 (2004).

DOI: 10.1063/1.1764134

Engine : NAPLES

2003

論文

Proceedings of the ICCAP 2001

T. Kawakatsu M. Doi, Iwakura, ed.

Yamagata Japan (2003)

Engine : SUSHI

解説

2002

論文

粉体工学会連載講座「計算粉体工学・基礎編」 [2. 粒子界面物性と粒子間相互作用 2.1 界面におけるメソスケール高分子吸着構造と特性]

谷口 貴志, 本田 隆

粉体工学会誌, 39 (7), 533-542 (2002)

Engine : SUSHI

解説

2001

論文

Proceeding of International Conference on Advanced Polymers and Processing

K.Yokomizo, H.Kodama, T.Honda, T. Aoyagi, T.Kawakatsu and M.Doi

Oct.30-Nov.2, 231 (2001)

Proceeding of International Conference on Advanced Polymers and Processing

T.Aoyagi, J.Takimoto and M.Doi

Oct.30-Nov.2, 217 (2001).

2000

論文

Molecular Dynamics Study of Poly(ethylene oxide) Containing LiI Salt.

F.Sawa, J.Takimoto, T.Aoyagi, H.Fukunaga, T.Shoji and M.Doi

Prog. of Thoret. Phys. Suppl., 138, 408-409 (2000)

DOI: 10.1143/PTPS.138.408

1999

論文