トップ  |  OCTAとは何か?  |  FAQ  | OCTA Application Book  |  ダウンロード  |  出版物  |  OCTA会議室  |  適用事例  |  リンク
COGNAC  |  PASTA  |  SUSHI  |  MUFFIN  |  NAPLES  |  KAPSEL  |  GOURMET

英語 : 日本語

(Simulation Utilities for Soft and Hard Interfaces )

SUSHIはEdwardsによって提案された平均場理論に基づいて直鎖高分子やブロック高分子のブレンドが平衡状態や非平衡状態で作る種々の自己組織構造を計算で予測する。自己無撞着場理論(SCF)、一般化乱雑位相近似(GRPA)、およびそれらのハイブリッド法が実装されている。

SUSHIは、任意の構造の分岐高分子を扱うことができる。またブロック高分子だけでなく、鎖に沿ってモノマー組成がランダムに変化する共重合高分子を扱うこともできる。さらに、壁にグラフトした高分子の取り扱いも可能である。SUSHIはグラフトや吸着による高分子の表面改質、ミセルなどの高分子の自己組織構造の研究に用いることができる。 また、流体力学効果も考慮することができる。
並列計算(GPGPU、MPI)に対応している。

応用例

ブロック高分子の自己組織構造 :
ブロック高分子はミクロ相分離の結果さまざまなナノメートル スケールの自己組織構造をとる。左図はABC星型高分子の円柱状の 構造を示し、右図はラメラ構造を示す。
ブロック高分子のミセル形成 :
選択性の溶媒の中のブロック高分子の臨界ミセル濃度の計算例
反応誘起相分離 :
ブタヂエンとスチレンの共重合では、図のようなサラミ状の 構造を作る。高強度ポリスチレンでしばしば見られるこの 構造をSUSHIで再現することができる。

SUSHIスライドショー


トップ  |  OCTAとは何か?  |  FAQ  | OCTA Application Book  |  ダウンロード  |  出版物  |  OCTA会議室  |  適用事例  |  リンク
COGNAC  |  PASTA  |  SUSHI  |  MUFFIN  |  NAPLES  |  KAPSEL  |  GOURMET